東京の「強モミ」アロマオイルマッサージ、リンパマッサージの出張マッサージはグリーンヒル

台東区浅草エリア

 

当店、出張マッサージ グリーンヒルの出張エリアのなかで、「交通費無料エリアの東京都台東区浅草エリア」のご案内です。

 

➊ 東京都心部=アバウト「山手線内」のエリアは交通費無料エリアです。

「交通費無料エリア」参照ください。ここでは「交通費無料エリア」の

「台東区浅草エリア」のご案内です。

 

❷ 「東京都台東区浅草エリア」は交通費無料エリアなので、

台東区西浅草の「浅草ビューホテル」、また台東区雷門の

ホテルサンルート浅草も交通費無料です。他の交通費無料の

「台東区ホテル」はこちらを参照ください。

 

❸ 「東京都台東区浅草エリアのビジネスホテル・シティホテル」、

もしくは自宅へは深夜1時まで、「浅草エリア」以外にも以下の

近隣出張エリアにアロマオイルマッサージリンパマッサージ

出張マッサージが予約可能です。

 

東京都台東区駒形、寿、元浅草、蔵前、浅草橋、三筋、柳橋、西浅草、浅草、千束、・・・。

 

 

❹ 台東区浅草エリアについて

 

1)台東区浅草:

浅草は東京都台東区の町名。

江戸時代より繁華街の一つとして栄えてきた。高度経済成長期以降は山手線沿線の池袋・新宿・渋谷の台頭で、東京都が制定する副都心として上野地域とともに「上野・浅草副都心」を形成している。

合羽橋道具街では業務用調理器具を扱う商店街が多くあり、現在は食品サンプルも扱う店に、多くの外国人観光客も通う。
浅草寺裏のエリアの吉原跡はソープランド街になっている。

古くから浅草寺の門前町として発展してきたが、その背景には現在の蔵前が米蔵が設置され、札差という職業人が誕生。いわゆる、米はお金と同様。武士の給料も米で支払われていたことから、その米を現金に換えて切れる職業が、札差。この札差、蔵前商人らが豪遊する場としても浅草は発展する。豪遊し、粋を競い、通人と呼ばれた人の中にも札指は多くいて、のちに歌舞伎の演目にもなったりした。

1657年 明暦の大火。その後日本橋芳町にあった、吉原遊郭が現在の浅草へ、移転。

1841年 人形町の中村座の失火を機に、江戸中の芝居小屋が現在の浅草六丁目へと移転。猿若町となる。

浅草寺を中心とした地区を近代的に公園化。浅草公園という。それを6つに分け、最も賑わった繁華街を第六区という場合が多い。

明治時代に入り、新たに演芸場や劇場が建つ。その後、昭和30年代後半以降は六区もすたれて行く。その後、様々なイベントなどで息を吹き返し、最近では外国人観光客も増加している。

台東区浅草エリアにある観光施設としては、浅草花やしき、浅草演芸ホール、浅草寺、など。
店舗では、神谷バー。

 

❺ 「東京都台東区浅草」エリアのホテル一覧

あいうえお順


あ~

 

① 浅草セントラルホテル : 東京都台東区浅草1-5-3


② 浅草ビューホテル : 東京都台東区西浅草3−17−1


③ アパホテル 浅草蔵前 : 東京都台東区駒形2-4-6


④ ヴィアイン浅草 : 東京都台東区浅草2-33-7


さ~


⑤ ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC : 東京都台東区雷門2-16-11


⑥ スマイルホテル浅草 : 東京都台東区浅草6丁目35-8


た~


⑦ 東横INN 浅草蔵前雷門 : 東京都台東区駒形1-3-13


は~


⑧ ホテルサンルート浅草 : 東京都台東区雷門1-8-5


や~


⑨ ユニゾイン浅草 : 東京都台東区浅草1-9-2


ら~


⑩ レジデンシャルホテル ビーコンテ浅草 : 東京都台東区浅草1-9-2

 

TOPへ