おもなアロマオイルの種類

おもなアロマオイルの種類

 

アロマオイルマッサージオイルリンパマッサーの出張マッサージ、グリーンヒルは東京都心部のホテル、自宅などへ深夜1時まで出張マッサージを提供します。

当店の特徴である「強もみ」のアロマオイルマッサージ・オイルリンパマッサージをぜひご利用ください。

各種割引もご用意中!!

当店、アロマオイルマッサージの「おもなアロマオイルの種類」のご案内です。

 

 

 

アロマオイルマッサージの「おもなアロマオイルの種類」について、不明点などお気軽に下記よりお問合せください。
また、今夜の「強もみ」のアロマオイルマッサージ・オイルリンパマッサージのご予約は下記よりお電話でどうぞ。

 

主要なアロマオイルの効能

 

❶ ラベンダー

当店ではアロマオイルの中で万能タイプの代表といわれるラベンダーオイルを使用してアロマオイルマッサージを行いますが、無香タイプのオイルのご用意しています。

シソ科ラヴァンドラ属の半木本性植物の通称である。

効果・・・古くから多くの病気に対する万能薬として利用されてきた。不安、不穏、不眠、うつ症状、精神安定、鎮痛、胃のむかつき、脱毛、防虫・殺菌などに効果があるとされて、様々な民間療法、伝統療法として使われている

 

❷ イランイラン

バンレイシ科イランイランノキ属イランイランノキのこと。

効果・・・中枢神経をリラックスさせる効果があると言われる。さらに興奮、陶酔の作用、抗抑鬱作用、催淫作用もあると唱えられていて、科学的にはリラックス作用ではなく刺激作用が確認される。香りの吸引で鬱状態が軽減される可能性がある。低濃度の場合、リラックス作用が認められる。強い香りは悪心や頭痛を引き起こす場合がある。精油には高い皮膚感作性が認められる。

 

❸ カモミール

キク科の1種の耐寒性一年草。和名はカミツレである。カモミールとも呼ばれる近縁の植物が他にもあり、中には「観賞用のみの植物」もあるため、ここでは 特にジャーマン・カモミール(German chamomile)をさす。

効果・・・古くからヨーロッパ、アラビアで利用されてきた、歴史がある。中世まで特にフランスなどで薬草として、健胃・発汗・消炎作用があるとされ、婦人病などに用いられてきた。ハーブに関するの古典「バンクスの本草書」には、肝臓の痛み、頭痛、偏頭痛などに効能があるとされ、ワインと共に飲むと良いと書かれている。

 

❹ ユーカリ

ユーカリはフトモモ科ユーカリ属の総称。

効果・・・殺菌作用や抗炎症作用、鎮痛・鎮静作用があるとされ、医薬品にも用いられる。さらには健康茶等にも利用される。

 

❺ ビャクダン

ビャクダン科の半寄生の熱帯性常緑樹。

効果・・・殺菌作用、利尿作用の薬効成分があると言われる。薬用にも広く利用される。また、気分の薬として胸のつかえをとり、爽快感を与える。

 

更新日:

Copyright© アロマオイルマッサージ、オイルリンパマッサージなら、東京の出張マッサージ グリーンヒル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.