東京の出張マッサージなら、「強モミ」のアロマオイルマッサージ、オイルリンパマッサージのグリーンヒル。東京都心部のホテル・自宅へ出張マッサージを提供します。

アロマオイルマッサージ、オイルリンパマッサージなら、東京の出張マッサージ グリーンヒル

 03-6240-2741

各種割引のご案内です。➀女性のお客様にはお得なお値段にしました。② ~19pmまでなら2,000円OFF / ~21pmまでなら1,000円OFF。「マッサージのスタートする時間です」

出張オイルマッサージと紙パンツの未来

出張オイルマッサージと紙パンツの未来

 

アロマオイルマッサージオイルリンパマッサーの出張マッサージ、グリーンヒルは東京都心部のホテル、自宅などへ深夜1時まで出張マッサージを提供します。

当店の特徴である「強もみ」のアロマオイルマッサージ・オイルリンパマッサージをぜひご利用ください。

各種割引もご用意中!!

出張マッサージ業界の課題、「出張オイルマッサージと紙パンツの未来」のご案内です。

 

 

 

出張マッサージ業界の懸案、「出張オイルマッサージと紙パンツの未来」について、不明点などお気軽に下記よりお問合せください。
また、今夜の「強もみ」のアロマオイルマッサージ・オイルリンパマッサージのご予約は下記よりお電話でどうぞ。

 

出張マッサージ業界の懸案である、出張オイルマッサージを受ける際の「紙パンツ」着用に関して

 

出張マッサージ業界において、「出張オイルマッサージ」を受けるときに「紙パンツ」をはくか?!という問題に関しては、現在も懸案事項であります。

紙パンツをはくのか、はかないのか?!」について日々、眠れない日を過ごす、「出張オイルマッサージ好きな日本男児」も多いのではないでしょうか?!

いまだに皆様を悩ます問題である故、多くの「質問」、「問い合わせ」を当店もいただいております。Q&Aでここに一部を掲載し、当店の意向を紹介します。

以下のQ&Aを読めば、「紙パンツ」問題は解決し、夜も眠れるようになることでしょう。さぁ、今すぐ電話で「グリーンヒル」に予約し、明日への活力を補充ください。

紙パンツ」のことは、もうくよくよ考えなくてもいいのです。仕事に集中できます。「出張オイルマッサージ」のことだけ、考えればいいのです。

 

❶ 「締め付け」をなくすための「紙パンツ」は必要?!

Q.

「アロマオイルマッサージ」「オイルリンパマッサージ」を受けるときには、大抵は紙パンツをはくようですが、そうでないところも有りますよね?
理由は?ゴムで締め付けられると「リンパの流れ」が悪くなるから?

A.

第一点がお客様のショーツにオイルが付かないようにという配慮から、と考えられます。そして第二点は、ご質問のように、結構きつめのショーツの方がいらっしゃるから、マッサージを受ける場合はリラックスできない、ということから。

以上が一般的な「出張オイルマッサージ店」の考えでしょうか。しかし当店は「出張マッサージと紙パンツの未来」をどのお店よりも突き詰めて考えた結果、「紙パンツ」をはく、はかない、はお客様の御意志にお任せしています。

 

 

❷ 「紙パンツ」なしは恥ずかしい?!

 

Q.

出張オイルマッサージで全身のマッサージをするときはパンツも脱ぎますか?全裸はちょっと恥ずかしい?!のですが・・・。

A.

「恥ずかしい」と感じるようでしたら、「紙パンツ」をはくことをお勧めします。「紙パンツ」をはく、はかない、はお客様の御意志にお任せしています。

 

❸ 「紙パンツ」をはかない、自由はあるのか?!

 

Q.

風俗ではない店で、「出張アロマオイルマッサージ」をする場合、全裸での施術は法律上問題があるのでしょうか?
今まで利用した、たいていの出張マッサージ店では紙パンツをはくように言われます。個人的には紙パンツがチクチクして、何か・・・、嫌いです。法律上問題ないのなら、全裸での施術をお願いしたいと思っていますが?

A.

知る限りは法律上は問題無く、お店側が、またはセラピストが了解すれば全裸OKのはず、です。出張マッサージの場合は、プライベートな空間、そして、より快適な環境で、より高いリラックスを求め、マッサージを受けたい方向きのもののはず。個人的にも私は、自宅もしくは、ホテルなどの宿泊先ででお風呂にはいってから、外へマッサージを受けに、出かけたくありません。そして自分は「全裸でマッサージを受けたい」のです。同じ意見の方も多いはず。参考になりましたか?!

「紙パンツ」をはく、はかない、はお客様の御意志にお任せしています。

 

❹ 「紙パンツ」には何の「抑止力」がある?!

 

Q.

知り合いに、健全な「出張マッサージ店」で働いている女性がいます、彼女曰く「紙パンツ」なしだと、

①「風俗」と混同してしまうお客さんがいる、②「男性自身」が見えてしまう、あるいは、あえて見せようとする?、③「鼠蹊部オイルリンパマッサージ」の際に、「暴れる男性自身」が多い

ということでした。こういったことで発生するトラブルを防ぐための「紙パンツ」なのでしょうか?

A.

上記1のような「紙パンツ」なし、だと恥ずかしいという、「かわいいお客様」もいれば、「暴れん坊」もいるのです。出張オイルマッサージのエステシャンは大変です。

私は個人的「アカスリ」が好きです。やはり「韓国のおばちゃん」(失礼)がうまいと思っています。サウナに行くと必ず受けます。「太ももの付け根への遠慮がありません」。これまでの人生で、きっとおおくの「暴れん坊」を見てきたのでしょう?!感情なんて、何にもないかのように、例の「アカスリ」のグローブのようなもので、攻めてくれます。これが、経験不足なスタッフだと、なにやら恥ずかしそうで、こちらにまで「感染」してきます。そうすると、あら不思議、「暴れん坊」になってきます。

関係ない話ですいません。意識の問題です。当店エステシャンは「暴れん坊」になっても、プロ意識が高いので仕事優先です。「紙パンツ」をはく、はかない、はお客様の御意志にお任せしています。

 

当店のポリシー、結論は・・・

 

「紙パンツ」をはく、はかない、はお客様の御意志にお任せしています。

更新日:

Copyright© アロマオイルマッサージ、オイルリンパマッサージなら、東京の出張マッサージ グリーンヒル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.